多様な薬

ピルは、通販で購入可能ジェネリック薬も購入できます。メリットは病院に通う事なく処方箋なしで、買える事やジェネリックを購入できる事です。一方でメリットもあればデメリットもあります。
デメリットは偽物に注意という事で、危険性のある偽物を買わされる可能性がある事や病院ではなく通販であり、処方箋なしで買えるので副作用のリスクもあるものです。ジェネリックは安く危険性もありませんが、偽物は副作用のリスクがあり、それに通販で購入する時には自己責任で行う事になります。ピルの購入方法を解説しているサイトもあるので、不安な方は事前に調べておきましょう。

ピルは通常処方せんが必要

医薬品には医師・薬剤師でなければ出すことができない処方せん薬と市販品として販売されている医薬品があります。市販の医薬品は比較的安全性が担保されているもので大きな副作用もでないものです。副作用が小さいということはそれだけ体に与える薬の効果も小さいということです。

一方で処方せん薬の場合には、効果が強く確実性のあるものですが、そのぶん副作用のリスクが高く誤った使い方をすれば重大な被害をもたらす可能性がある薬です。このため医師のもとに判断して使用するべきものとされ、手に入れるためには処方せんが必要です。経口避妊薬であるピルの場合には、日本では処方せん薬となっており、医師の診察を受けなければ手に入れることができません。

ただ、実際のところ出してくれるクリニックによって対応は異なってきます。一般的な病院の婦人科であれば入念な検査を行った上で、使用する時に危険性がないと判断した場合にしか、出してくれません。また経口避妊薬とは言うもののその内容は女性ホルモンを人為的に取り入れるものであり、女性特有の病気の治療薬としても利用されるものです。いずれにしても、薬ですので原則は検査を行った上で問題がなければ出してくれるものですが、一方でクリニックの中では簡単な検査や電話による診断だけで出してくれるようなところもあります。このような場合には問診だけで出してくれるケースもあり、たいていの場合には薬だけを販売しているだけのようなところもあるものです。これらであれば、比較的簡単に手に入れる事が出来ます。ただ、そのようなクリニックはそれほど多くなく、また、人の目も気になるという場合には、通販という手段が選択肢になるものです。

費用は、避妊を目的とする場合には全額実費となるため意外と費用が掛かりますし、国内で承認されたものしか処方されません。このためジェネリックで費用を抑えるということも難しいものです。
いずれにしても日本国内で正規の方法で経口避妊薬として、手に入れたい場合には婦人科などクリニックで医師に診断してもらった上で、行うことになります。これらの手間を省きたい場合には通販で購入するという手段があります。

ピルを通販で購入するメリット・デメリット

経口避妊薬であるピルを通販で購入することにはメリットとデメリットの両方があります。メリットは、手軽に手に入れることができることで、通院する必要もなく時間の節約になり、また費用も抑えることができることです。一方でデメリットは、安全性のことでひとつはそれが本物であっても副作用のリスクがあり、それを自身の判断で行わなければなりません。それと海外で流通している医薬品には偽物があることです。

ピルの通販の仕組みは海外で販売されている医薬品を個人輸入という形で購入するもので、日本国内で処方せん薬として販売されているものも手軽に購入することができます。それと特許制度の異なるインドでは、特許切れ前の医薬品もジェネリックとして販売されており、より格安で手に入れることが可能です。届くまでの時間が1週間程度と時間が掛かりますが、緊急性のあるものでも常備薬として購入しておくことが出来ます。ただし、これらも効果のある薬を手に入れることが大前提であり、通販のデメリットである偽薬のリスクを理解しておく必要があります。

日本では医薬品の流通ルートは確保されており偽薬が混ざるということは殆どありませんが、海外の場合には異なり、偽薬が混ざる可能性があるものです。このため通販サイトでは成分鑑定を定期的に行っているところも多くあり、そのようなところを選ぶ必要があります。それと、誰でも簡単に購入することができるものの、その使用は自己責任となるものです。日本国内で販売されている医薬品や病院が処方した薬に関しては、それぞれの機関が副作用が出た場合には一定の責任を負うことになり、またそのための救済制度も整っています。しかし、個人輸入で手に入れたものにはそのような制度はありませんから、正しい使用を行って副作用が出たような場合には、どこにも訴えることはできません。

このため最初から通販でピルを手に入れるというのはリスクの高いもので、最初は病院で診察をしてもらいピルを使用しても問題ない身体であるか確認することが大切です。その上で、ピルの薬代を節約したり通院する手間を省くといった目的で個人輸入を利用するのが安全な使い方といえます。

記事一覧
ピルの服用は胎児に影響を及ぼす? 2020年06月29日

低用量ピルにしてもアフターピルにしても気になるのが妊娠が発生した場合の胎児への影響です。結果から、言えば胎児に与える影響はほとんどありません。これは人為的にホル...

不妊治療にピルが使われることもあります 2020年05月25日

ピルは経口避妊薬とも呼ばれるものですから、妊娠を避けるために使われるものというイメージがあります。しかし、実際には避妊以外にも使われており、そのひとつが不妊症に...

最近太った?それ、もしかしてピル太りかも!? 2020年04月20日

ピルを服用すると太ると言って忌避する人もいますが、実際のところ現在主流となっている低用量ピルでは直接的に太る理由とはなりません。中用量ピルなどの場合には身体に与...

アフターピル選びに迷ったらアイピル 2020年02月18日

アフターピルは、服用方法が妊娠の可能性のある性交渉を行ってから早ければ早いほど妊娠を阻止する確率が高いものです。このため、常備薬として持っておいた方が良いもので...

更年期障害の治療にピルを服用する場合もある 2020年03月22日

ピルは人為的に女性ホルモンを補充してバランスを整えることができる薬であり、避妊目的のほか月経困難症などの治療にも用いられているものです。そのような避妊以外の使い...

ピルを飲みたくても飲めない女性にはどんな原因がある? 2020年03月06日

低用量ピルにしてもアフターピルにしても薬ですので、服用禁忌や併用禁忌があります。それら無視して利用すると死に至るリスクがあり、必ず守る必要があります。特に低用量...

アフターピルは低用量ピルと別物!効果や服用方法について 2020年01月30日

低用量ピル以外に避妊を目的に服用する薬としてアフターピルが知られます。アフター、つまり事後に服用すること効果を得ることができるもので、事前に服用することで効果を...

トリキュラーは低用量ピルの代表 2020年01月13日

低用量ピルにはいくつかの製品が発売されていますが、その中でも最も有名で、また最も多く処方されているものがトリキュラーです。トリキュラーは、第2世代ピルと呼ばれる...

低用量ピルは状況によって種類が変わってくる! 2019年12月30日

ピルは女性ホルモン剤であり、使用方法によって避妊の効果を得ることができるものです。一般的にピルといえば低用量ピルを指しますが、この低用量は含まれるホルモン量によ...