• ホーム
  • 不妊治療にピルが使われることもあります

不妊治療にピルが使われることもあります

ピルは経口避妊薬とも呼ばれるものですから、妊娠を避けるために使われるものというイメージがあります。しかし、実際には避妊以外にも使われており、そのひとつが不妊症に対する治療です。不妊症では女性側または男性側、もしくはその両方に原因があります。このうち女性側で考えられるものが、妊娠をするための機能が低下することです。機能が低下する理由が月経困難症であり、正常な生理が困難な場合です。これはホルモンバランスが安定しないことで起こるもので、このようなことが起こる理由としてはストレスや食生活というものが影響しています。これらを自然に改善することができれば良いのですが、現実としてそれが難しい場合や時間的な余裕がない場合には早期に改善させる治療としてピルが使用されます。

低用量ピルを利用することで、人為的にホルモンバランスを整え、生理を正常に戻すことができるためで、正常に戻すことができれば生殖機能が回復していきます。特に卵巣から排卵が起これば妊娠することが可能になりますし、子宮内膜症を改善することで着床しやすくすることができるものです。もちろん、低用量ピルを服用中に自然妊娠をすることはできませんが、不妊症の理由である卵巣からの排卵を起こし、子宮内膜症を改善することで本来の女性の身体に戻すことができます。

また自然妊娠ではなく人工授精をする時にも利用されます。この場合には受精卵を体内に戻したあとに黄体期に黄体ホルモンを補充することで流産のリスクを軽減したり、また体外受精のための排卵誘発をする前に卵巣をリセットするために使われます。

服用方法は、それぞれの不妊症治療の目的によって異なります。月経困難症を改善するために使われる場合には、避妊を目的としたものと同じ方法で行われますし、そのさいに利用されるものもトリキュラーなどスタンダードな低用量ピルが用いられます。なお、月経困難症の治療を目的としている場合には健康保険が使えることもあります。また人工授精をするための卵子を採取する前に行われるものも一般的に使われている低用量ピルが使用されるものです。一方で人工授精後に投与されるものは、女性ホルモンでも黄体ホルモンだけですので、この場合には黄体ホルモンを含んだものが用いられ服用方法も異なります。

ただし、不妊症治療でピルが使われる場合にも、服用禁忌や併用禁忌がある女性に対してはピルを利用して治療することは行われないものです。