• ホーム
  • 低用量ピルは状況によって種類が変わってくる!

低用量ピルは状況によって種類が変わってくる!

薬を飲む女性

ピルは女性ホルモン剤であり、使用方法によって避妊の効果を得ることができるものです。一般的にピルといえば低用量ピルを指しますが、この低用量は含まれるホルモン量によるものです。もともと女性ホルモンを人為的に摂取すれば妊娠しにくいことがわかっており、緊急避妊薬としても用いられてきました。この場合にはホルモン量が多く、このため身体に与えるダメージが大きいものです。しかし、可能な限りホルモン量を少なくして避妊の効果を得ることができるようにしたのが低用量ピルになります。低用量ピルでも、登場した当時は副作用のリスクが高いもので、敬遠される傾向にありましたが、現在では副作用も少なくなり、また女性が行える確実性の高い避妊方法となっています。

低用量ピルの特徴は、殆どのもので28日周期で女性ホルモンを取り入れることです。実際には女性ホルモンを摂取するのは21日間で、残りの7日間は休憩期間であり、これを繰り返していきます。この時に取り入れる女性ホルモンの種類としては黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類があります。

そもそも女性の身体は周期的に女性ホルモンの分泌量が変わっており、その量の変化によって脳からの指令によりコントロールされます。卵胞ホルモンの量が低下していくと卵巣から分泌される卵胞ホルモンを放出するように働き、その量が一定になると卵巣の一部が黄体に変化して黄体ホルモンを分泌します。これは女性が妊娠する準備を整わせるためのプロセスですが、必ずしも安定したものではなくそれが生理不順などに繋がります。ピルではこれを人為的に補充してコントロールするものです。

低用量ピルでは連続的に必要最低限のホルモン量を補充するというものですが、服用方法に違いがあります。最初に登場したものは1相性と呼ばれるもので、1相性ではホルモン量に変化はありません。一方で近年の主流となっているものは2相性や3相性と呼ばれるもので配合率が段階によって増えるものです。このため2相性・3相性の他にも
2段階・3段階ピルとも呼ばれます。2段階ピルの場合には後半に黄体ホルモンの配合率が増えるというものです。また3段階の場合にはやや複雑で、後半に黄体ホルモンが増えるもののほか、中間で卵胞ホルモンを増やすというものもあります。

また、新しいものではそれまでの28日周期というものをなくして連続的に服用できるものもあります。このため低用量ピルといっても種類が豊富で、身体に合ったものを使うことでより負担を軽減させることができるものです。