• ホーム
  • 最近太った?それ、もしかしてピル太りかも!?

最近太った?それ、もしかしてピル太りかも!?

ピルを服用すると太ると言って忌避する人もいますが、実際のところ現在主流となっている低用量ピルでは直接的に太る理由とはなりません。中用量ピルなどの場合には身体に与える影響が大きく、このことから過剰に分泌された卵胞ホルモンによって、むくみやすくなり太るとされます。このため中用量ピルの副作用として体重増加が記載されているものもあります。しかし、現在主流の低用量ピルの副作用には体重増加は記載されておらず、薬の影響として、太るということは否定されています。また実際に使用しても体重に変化がない人も多くいます。ただやはりそれでも太ったという人も多くいるものです。いずれにしても利用する時には太らないような工夫も考えておく必要があります。

公式には体重増加は副作用として認められていませんが、考えられている理由のひとつに女性ホルモンのプロゲステロンがあります。そもそもピルは人為的に女性ホルモンを体内に取り入れて妊娠していると一種の勘違いをさせることで、新たな妊娠を阻止するというものです。この時に妊娠していると勘違いするとプロゲステロンが多く分泌されるようになります。卵胞ホルモンであるエストロゲンは美肌ホルモンと呼ばれるように女性らしい身体を作る作用がありますが、プロゲステロンは黄体ホルモンで、こちらは妊娠するのに適した身体を作る作用があります。プロゲステロンの影響が強く出ると脂肪や水分を蓄えやすくなり、また食欲も増します。つまり、胎児を育てるための栄養やエネルギーとなる脂肪、水分などを蓄えようとすることで太るとされます。水分が体内に多く取り込まれるとむくみの原因にもなります。ただ、これはすべての女性に当てはまるものではありません。

一方で生理不順や月経前症候群が改善されることで体調が良くなり食欲が増すケースもあります。当然ながらごはんを多く食べればそれだけ太る理由になりますから、それがピル太りの原因である可能性が高いものです。

プロゲステロンによって太りやすい体質になったとしても自己管理によって抑制することは可能です。運動をすることや高脂肪な食事を控えるということが大切です。マッサージによってもむくみを取り除くことができますし、マッサージでリラクゼーションすることでストレスも軽減できます。それに運動を自己管理に取り入れることでストレスを軽減することができますし、また健康的な身体を作ることで、卵胞ホルモンの働き、つまり美肌ホルモンの働きを最大限に発揮させることによって、きれいな身体を作ることもできるようになります。